小島くん→大学のサークルの後輩。(ちなみに雪合戦サークル)学部も学科も一緒だからサークル内でお世話係を任されるうちに小島くんはナメた口をきくようになる。頻繁に小島くんがタメ口出ちゃうからもういっそタメ口でいいよって言ってからさらに距離が縮まりサークルの仲間の協力もあり付き合うことになる。

澤田くん→高校の頃の元カレ。その美貌から高校では雲の上の存在だと思ってたけど、たまたまマネージャーとして入った男子バスケ部のエースが澤田くんで距離が縮まる。周りのマネージャーは澤田くん目当てばっかりだったのを顧問や部員も気づいていて、私が澤田くん専属のマネージャーになる(笑)大事な大会の前に足を怪我してしまった澤田くんを励ますつもりで一緒にパフェを食べに行った帰りに「少しこのままでいさせて」って誰もいない駅のホームで抱きしめられる。そして引退試合の時に告白されて付き合うんだけど、大学進学を機に別れを切り出されてしまう。結構ショックで寝込みました。ちなみにずっと澤田くん呼びだったけど、付き合ってからは「まーくんって呼んで」って言われたのでまーくん呼びです。

    2019年6月24日22:43